So-net無料ブログ作成

“α100”に付属されるアプリケーションソフトウエア その2 [アプリケーションソフト]

“α100”にはPicture Motion BrowserImage Data Converter SRという2つのアプリケーションソフトが同梱されています。
今回はImage Data Converter SRについて紹介します。

Image Data Converter SRとは?
ソニー製のデジタルスチルカメラで撮影されたRAW形式の静止画(RAWデータ)をパソコン上で表示、調整し、保存するプログラムです。ホワイトバランス、露出、色合い、シャープネスなどの調整を行うことができます。また、あらかじめ設定した画像処理設定を使って、複数の静止画をまとめて調整することもできます。表示・調整した静止画は、RAWデータのままで、または汎用的なファイル形式のJPEG形式やTIFF形式で保存することができます。また、画像をフォルダ単位で表示したり、画像の移動、コピーなどの操作のほか、画像の印刷も行うことができます。


ソフトをインストールしたのち、さっそくImage Data Converter SRで画像データを開いてみます。

データはソフトに対応しているRAWデータやJPEG、TIFFで開くことができます。

今回は先日撮影した道路の写真(RAWデータ)を開いてみました。すると画像と一緒にマスターパレットと呼ばれるウィンドウが表示されました。このマスターパレットでは、ホワイトバランスや露出、色合い(色相)、彩度などを変更することができます。ちなみにRAWデータではない場合(対応しているJPEGやTIFFデータなど)は、ヒストグラム、画像表示位置、撮影情報、トーンカーブのみ表示されます。 
       
RAWデータの場合                             JPEGデータの場合

早速データを調整してみることにしました。 

調整前の元画像。
22.0mm 1/125秒 F10.0 ISO 100 標準ズームレンズ(DT18-70mm)を使い、オートモードで撮影。

この写真のホワイトバランス、露出、コントラスト、色合い(色相)、彩度を変更してみます。



こんな感じで調整してみると。。。


夕日に照らされた感じになりました。

さらにいろいろ調整して、早朝っぽい写真に。

ちなみに3つを並べるとこんな感じになります。
  

さらにピクチャーエフェクト機能を使えば、簡単に写真の雰囲気を変えることができます。

左からセピア、モノトーン、ソラリ、ネガアート。

 

またImage Data Converter SRでは下のように撮影時の詳細なデータを見ることができます。

マスターパレットの撮影情報をポチっとな。撮影情報が表示されます。


撮影情報はImage Data Converter SRに対応しているRAW、JPEG、TIFFなどのデータで見られます。

と、簡単ですが以上です。Image Data Converter SRは画像の調整が簡単に行なえました。写真を撮影したあと、さらに自分の好みに近い写真に調整することができるほか、撮影したときとはまったく違うイメージの写真にも変えることができるImage Data Converter SR。これでさらに写真が楽しくなりました。
(豊田)


2006-07-03 14:30  nice!(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 6

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。